会社概要

TOPページへ

会社概要

会社沿革

業務内容

主な設備

お問い合わせ

 

ブログ

会社沿革 Company History

昭和40年11月

 

栃木県足利市借宿町410に工場及び事務所を設立。

オフセット印刷機を導入して印刷業務を開始する。

昭和44年11月   菊全単色機(小森)を導入。

昭和45年01月

  製版カメラ、写植機を導入し、デザイン・版下・製版・印刷の一貫した作業ラインを確立し、業務の充実を図る。
昭和49年10月   業務拡張に伴い足利市朝倉町308に新社屋を新築する。
昭和50年09月   菊全2色印刷機(小森)を導入。

昭和53年10月

  ハリス高速自動菊半裁オフセット印刷機を導入。小ロット、小型物の多色印刷物に対応し、省力化、低コスト化を図る。
昭和55年01月   桐生市境野町6丁目に営業所を開設。
04月   桐生市役所、群馬大学と印刷物の取引開始。
06月   住友ミラー四六半裁2色機両面兼用を導入。
大日本スクリーンの新型A-2サイズカメラを導入し、多様化する印刷のニーズに対応を図る。
昭和57年10月   リョービ軽オフを入れ、小ロット多品種のニーズに対応を図る。
昭和58年02月   事務所を新設、営業の拡大と充実を図る。
昭和59年01月   四六半裁両面機を導入。業務の一層の充実拡大を図る。
昭和63年11月   足利市福居町に新社屋落成。
平成03年02月   大日本スクリーン植版機PC803-G、自動現像機PS-800E2Sを導入。
09月   菊全4色機、住友ミラーTP98両面兼用を導入。
平成05年04月   会社組織を株式にし、社名を株式会社 上昌とする。
平成06年09月   桜井菊半寸延2色機・両面兼用を導入。
10月   大日本スクリーンワークステーションMP1800を導入。製版のデジタル化を図る。
平成08年12月   大日本スクリーンA2 ワイドイメージセッターFT-3050を導入。
平成12年02月   フジラノビアA3カラースキャナーを導入。
平成13年03月   ホリゾン簡易中綴機を導入。
09月   代表取締役 就任 上武昌五
平成15年05月   リョービ軽オフ3200CDを入れ替える。
平成16年04月   フジCTP四六全判T-9000Eを導入。校正機スタープルーフを導入。
平成17年09月   小森菊全4色機リスロン40を導入。CIP4導入。
平成19年07月   富士ゼロックスオンデマンド印刷機5065P、f1100GA、C2200を導入により印刷物の小ロット、低コスト、スピーディーな仕上がりを実現。
平成21年01月   出力サービス開設。CTP出力ニーズに対応。
03月   全自動クロス折機、自動無線綴機導入。
09月   オンデマンド印刷(POD)によりバリアブル印刷AFC-566FKT BQ-270(可変印刷)開始。
平成24年01月   CTPサーバーシステムを「FUJIFILM WORKFLOW XMF」へアップデート。
エプソンPX-H10000 PRIMO JET XGを導入。
03月   オンデマンド事業強化のため、富士ゼロックス DocuColor 1450GAを導入。
環境に配慮した現像廃液処理システム 富士フィルムXR-2000を導入。
平成25年12月   C75 Press導入。